知っておくべきホームページ作成の注意点

知っておくべきホームページ作成の注意点

せっかく作成したホームページも、アクセス数が伸びなかったり、トップページしか見てもらえないようでは意味がありません。興味を引くサイトを作成しようとする際に、いくつか気をつけたほうが良い点があるのでまとめてみました。

トップページは、一番力を入れるべきところです

訪問者は、だいたい訪問して3秒程度で欲しい情報が載っていそうかどうかを判断すると言われています。第一印象で見にくいと思われてしまうと、せっかくの状態を伝えきることができません。必要な情報を探してみようと思えるページにしましょう。

最初に表示された1画面だけで、イメージと大事な情報を伝える

トップページとは、いわば看板の役割を果たしています。表示されたときに、どのような情報が載っているかがイメージできる画像を使うと効果的です。訪問者がスクロールしなくても目に入るトップページ上部に、メニューや画像、一番伝えたい情報をまとめるようにしましょう。

デザインに凝りすぎず、すっきりとしたレイアウトにする

あまりにも多くの情報や画像がいきなり表示されると、大切な情報を選別することができなくなってしまいます。ただ目立つことよりも、印象付ける画像を活用しつつ、すっきりしたデザインにすることが望ましいです。

文章は質問される前に、その答えを提供できるような情報を心がけましょう。フォントサイズやコントラストで文章の見やすさにも気をつけましょう。

情報を階層化して、わかりやすく整理する

ページ間の移動がスムーズになるよう、ページ情報を整理しましょう。そのために、掲載情報をまとまったグループに分けて階層化するとよいでしょう。ブログは主に、「トップページ→カテゴリ→個別記事」という構成になっており、同様にトップページから迷わず欲しい情報にたどり着くには、3クリック以内に収まる構成が望ましいです。

スマホ対応にする

スマホが普及し、パソコンよりスマホからのWeb閲覧率が上回っているといわれております。これからはスマホ対応のホームページを作成することが求められます。

まとめ

良いホームページとは、決して見た目がきれいだったり、情報が詰め込まれたものだけではありません。印象に残りわかりやすいトップページを工夫し、シンプルで見やすい構成にすることで、大切な情報をたくさんの人に伝えることが出来るようになります。訪問者の立場に立って、何度も見たい、役立つと思ってもらえるホームページ作りを目指しましょう。